繊細で骨折もしやすい動物です。
扱いには気をつけるようにしましょう。

ウサギ飼育時の注意点

ウサギはとても繊細な動物で、特に引っ越してきたばかりのときはとてもナイーブになっています。可愛がりたいお気持ちもあるかと思いますが、まずは少しずつ慣れさせてあげるようにしましょう。

あまりにストレスを感じてしまうと食欲不振になったり、最悪、心不全を引き起こしてしまうこともあります。また、ウサギは小さな環境の変化やストレスなどでも下痢をしてしまうことがあります。

骨も弱く骨折しやすいのですが、症状が現れにくく普段はケージの中に入っていることが多いため、これらの症状に気づきにくいという特徴があります。少しでも様子がおかしいと感じましたら、すぐに獣医師にご相談ください。

こんな症状ありませんか?

  • くしゃみを繰り返している
  • あごや頬が腫れている
  • 姿勢が悪くなった
  • 尿が出ていない
  • 血尿が出ている
  • よく転倒する
  • 鼻の周囲が湿っている
  • 食欲が低下している

ウサギにこんな症状が見られたら、すぐにご来院ください。

ウサギに多い病気と怪我

毛球症

毛づくろいをしているときに飲み込んだ毛が胃腸の中で固まり、詰まってしまうことを毛球症(もしくは、ヘアーボール、ヘアーブロック)と言います。食物が胃腸を流れにくくなるため、食欲が低下してしまいます。薬で糞と一緒に排泄させるか手術で取り除きます。

盲腸内異常発酵

ウサギも人間と同じように内蔵の中にはたくさんの微生物が生息しており、腸内のバランスを保っています。盲腸の微生物バランスが崩れて、消化しきれなくなった食物が発酵を起こし、ガスがお腹の中でどんどん溜まっていくのが盲腸内異常発酵です。この病気になると、餌を食べない、糞を出さないといった症状が見られるようになります。

不正咬合

ウサギの歯は、人間の歯とは異なり、月におよそ1cmのペースで永久に伸びるという特徴があります。そして、何らかの理由によって噛み合わせが悪くなってしまったのが不正咬合です。食べづらそうにしていたり、唾液を垂らしたりすることが増えてきたら、早めにご相談されることをお勧めします。

臼歯過長症

歯が長すぎると噛みづらくなり、食欲が落ちる、唾液が出る、歯ぎしりをするといった症状が見られるようになります。当院で歯を削る処置を行っていますので、早めにお連れ頂ければと思います。

切歯過長症

伸びた歯が唇や歯茎に食い込んでしまった状態です。こちらも、そのままでは餌が食べられなくなりますので、早めに歯を削るようにしましょう。また、普段から牧草やかじり木を与えて、歯が伸びすぎることを予防しましょう。

眼結膜炎

眼球の白目の部分とまぶたの内側にある粘膜を結膜と言います。ウイルスや細菌、カビなどが原因で結膜が炎症を起こしてしまったのが結膜炎で、場合によっては薬品や異物、そしてアレルギーによって引き起こされることもあります。そのままにしておくと眼球摘出をしなければならないこともありますので、目に異常を感じたときは早めに検査を受けるようにしましょう。

パスツレラ

細菌による感染症で、くしゃみ、鼻水、鼻炎、肺炎などを引き起こします。また、皮膚が傷んだり毛が抜けたりする症状も見られます。

ダニ

ダニがウサギの皮膚に生息していると、かゆみで耳を振るなどのしぐさをします。そのままにしておくと、耳カスが大量に発生して、かさぶたになってしまうこともあります。ウサギは家庭でシャンプーするのが難しい動物ですので、動物病院で衛生面のケアも行っていくようにしましょう。

コクシジウム症

過食やストレスから発症する病気で、特に幼少期に疾患しやすいことが知られています。症状としては下痢があり、食事改善などの必要がありますので、早めにご相談にいらして頂ければと思います。

骨折、脱臼

ウサギの骨は非常に繊細で、ジャンプしたときに骨折してしまうこともあります。歩き方が気になるときは骨折や脱臼のおそれがあり、さらに脊髄に傷がついていると糞尿を垂れ流すこともあります。