非常にか弱いため、早期発見・
早期治療は非常に重要です。

ハムスター飼育時の注意点

ハムスターは身体が小さいだけでなく、とても弱い動物です。ハムスターは人間のように体温調整がうまくできないため、温度管理にも気をつけてあげることが重要です。

また、飼い主様の中にはご自宅で病気や怪我の応急処置をされる方もいらっしゃいますが、かえって症状を悪化させてしまうこともありますので、異変があるときはすぐに動物病院で検査と治療を受けるようにしましょう。

さらに、ご自宅で踏まれてしまうという事故も多いため、家庭内ではケージ内で生活をさせるようにして頂ければと思います。

こんな症状ありませんか?

  • 身体にしこりがある
  • 鼻から音が出ている
  • 食欲がなくなった
  • 酷い脱毛がある
  • 水をたくさん飲む
  • くしゃみを繰り返している

ハムスターにこんな症状が見られたら、すぐにご来院ください。

ハムスターに多い病気と怪我

不正咬合

柔らかい食べ物が多い、金属をかじるといったことが原因で歯並びが悪くなってしまうことがあります。フードの硬さやケージの種類を工夫することで予防できます。

盲腸内異常発酵

盲腸内の微生物バランスが崩れて、食べ物や異物が溜まり、発酵を起こす病気です。体内にガスが溜まっていき、食欲がなくなったり糞が出なくなったりしてしまいます。

脱臼、骨折

ケージに手足を引っ掛けてしまうことや、遊び道具から転落することで脱臼をしてしまうことがあります。身体の同じ部分を繰り返しなめていたり、足をひきずっていたりするときは、骨折の可能性もあります。しっかりと治療をして、飼育環境も見直すようにしましょう。

脱毛

脱毛が激しいときは、細菌に感染しているか免疫力が低下していることが考えられます。そのままにしておくと、自分で掻きむしって余計に悪化してしまうこともありますので、すぐに動物病院でご相談ください。

摂食障害

歯が折れたときや体調不良やストレスなどで、食欲がなくなってしまうことがあります。普段と様子が違う、おかしいと感じたときは、すぐに動物病院で検査を受けるようにしましょう。

ハムスターの病気は、自己治癒や家庭内処置で改善することはほとんどありません。とても弱い動物ですので、できるだけ早急に獣医師に相談するようにしてください。